トップバリュ グリーンアイオーガニック 農薬や化学肥料に頼らない農産物|北海道産 ミニトマト - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)

トップバリュ グリーンアイオーガニック 農薬や化学肥料に頼らない農産物|北海道産 ミニトマト

グリーンアイオーガニック 北海道産 ミニトマトグリーンアイオーガニック 北海道産 ミニトマト

※季節やエリアにより取り扱いのない場合がございます。
※下記の記事は、複数ある北海道産ミニトマトの生産者の中から、当麻グリーンライフさんを紹介しております。

グリーンアイオーガニック 北海道産 ミニトマトグリーンアイオーガニック 北海道産 ミニトマト

ここ最近人気が上がってきている
「シシリアンルージュ」は、
大玉系のトマトと
比べてリコピンやうま味成分のグルタミン酸を
多く含み、
調理・加工用トマトの傑作とも言われる。

MOVIE

北海道の中央部に位置する上川郡は、 「ゆめぴりか」などの品種を輩出した北海道を代表する米の主産地。当麻グリーンライフは米や野菜の生産以外に、加工・販売も手がける法人だ。

代表の瀬川さん。幼いころ体が丈夫でなかったことから、「やるなら農薬を使いたくない」と、農薬を減らした米を仲間と作り始める。しかし「本当の安全・安心は減らすだけじゃダメだ」と、有機栽培を行うようになった。

「自然相手に『制圧』は無理。排除ではなく、いかに折り合いつけて共生するか」というのが瀬川さんの考え。「アブラムシを食べるテントウムシの住みかにもなるしね。」このためハウスの周りも中も野生の草が多く目についたのが特徴的だ。

「自然相手に『制圧』は無理。排除ではなく、いかに折り合いつけて共生するか」というのが瀬川さんの考え。「アブラムシを食べるテントウムシの住みかにもなるしね。」このためハウスの周りも中も野生の草が多く目についたのが特徴的だ。

通常は収穫後撤去するトマトの樹も「土にすき込む」。それが翌年の肥料がわりなんだとか。肥料として米ぬかなども入れるが、量はかなり少ない。ただ1、2年でこうなるわけではなく、有機農業を長く継続することで「土が成長し、微生物が安定している状態」になったからこそだ。

「できるだけ自然に逆らわず寄り添うと、自然とよい環境になる。それが有機のいいところ。」人だけでなく自然にやさしい農業の在り方を感じられる農場だった。

「できるだけ自然に逆らわず寄り添うと、自然とよい環境になる。それが有機のいいところ。」人だけでなく自然にやさしい農業の在り方を感じられる農場だった。