トップバリュの企業努力とは? - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)

トップバリュの企業努力とは?

メディア放映動画

放送日
番組名
NEXT JAPAN 〜熱き求道者〜
放送局
放送局:毎日放送(関西地区)
制作著作:毎日放送

この動画は毎日放送の管理するサーバーから再生されます。

2022年3月24日(水)ニュースリリース
「イオンはお客さまの暮らしを全力で応援します!」 はコチラ!

ラベルレスのボトルを推進
プラスチックの資材を減らし、製造工程を省略することで、経費を節約。
環境配慮にもつながります。水は「箱買い」するお客さまが多いので、採水地などの表示義務は箱に記載することで課題をクリアしました。
スケールメリットを活かした年間生産計画※1
トップバリュは、製造委託先と一緒に商品をコンスタントに生産する年間計画を立て、工場の稼働率を向上。それにより、商品価格を抑えることが出来ています。
※1:2022年度の生産計画は2200万ケースで、2018年度と比べて3倍以上です。
製造拠点の拡大
物流センターまでの配送距離の短縮のイメージ図
※イメージです

全国にあるイオンの物流センターまでの配送距離を短くして、輸送費を節約します。

2018年度は4拠点でしたが、年々増やして、2022年度は11拠点まで拡大しています(下記参照)。

配送拠点拡大のイメージ図
※イメージです
1ロールあたりの長巻化
配送効率改善のイメージ図
※イメージです

1ロール60m(シングルの場合)のトイレットペーパーをしっかりと巻くことで、同じ大きさで1ロール90mに延ばすことが出来ました。

1パックの総延長は1080mのまま、ロール数だけ減らして体積を3分の2に縮小。

その分トラックに載せられる量が飛躍的に増えて、輸送費を削減。原料費の高騰をカバーしています。

製造拠点の拡大

全国にあるイオンの物流センターまでの配送距離を短くして、輸送費を節約します。

2022年度は7拠点に順次拡大中です(下記参照)。

物流センターまでの配送距離の短縮のイメージ図
※イメージです
製造拠点拡大のイメージ図
※イメージです
要冷配送から常温配送へ
常温保存可能品でしたが、製造委託先で作るちくわやはんぺんなどの要冷蔵商品と一緒に冷蔵トラックで運んでいました。年間生産計画を組み工場の稼働率を上げることで、この商品だけで常温トラックで輸送できるようになり物流コストを削減できました。
配送方法のイメージ図
※イメージです
スケールメリットを活かした年間生産計画
トップバリュは、製造委託先と一緒に商品をコンスタントに生産する年間計画を立て、工場の稼働率を向上。また原料調達も一括して実施することでコストを削減。それにより、商品価格を抑えることが出来ています。