トップバリュ 減の恵み|減らす、引き出す 自然本来のチカラ。 - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)

トップバリュ 減の恵み|減らす、引き出す 自然本来のチカラ。

  • トップバリュ 減の恵み 減らす、引き出す自然本来のチカラ
  • 熊本県産 トマト詳しくはこちら
  • 水耕栽培 レタス詳しくはこちら
  • 北海道富良野産 たまねぎ詳しくはこちら
  • 北海道虻田郡豊浦町産 にんじん詳しくはこちら
  • トップバリュ 減の恵み 減らす、引き出す自然本来のチカラ
  • 熊本県産 トマト詳しくはこちら
  • 水耕栽培 レタス詳しくはこちら
  • 北海道富良野産 たまねぎ詳しくはこちら
  • 北海道虻田郡豊浦町産 にんじん詳しくはこちら

減の恵みとは

農薬・化学肥料を極力抑え、
環境への負荷を低減して生産された農産物

まず土作り

健全な農産物は健全な土から。農薬や化学肥料に頼らずに育てるには、何をおいても土作りが大切です。それはつまり、微生物の働きが活発な元気な土にすること。そうすることで農産物が元気に育つようになるので、化学肥料を減らせるようになるのです。どんな土がよいのかは作るものによって違うので、どの生産者も試行錯誤しながら、お客さまに喜んでもらえるよりよい農産物作りに日夜取り組んでいます。

  • 減らす努力 画像1
  • 減らす努力 画像2

減らす努力

それはズバリ「観察すること」と「分析すること」。農薬の使用回数が制限される分、病気や虫の発生に対しては先手を打つことが大切です。そのためにはどんなに小さな変化でも見逃さないよう「観察」することが重要になります。また化学肥料を減らす分、土の状況や農産物の様子を見て何が足りないのかを「分析」して、必要なものを必要な分だけ入れることが重要です。

確立されたチェック体制

農産物の販売前には、生産者側とイオンとで以下の内容を確認しています。

  • ■1、栽培計画について、農薬と化学肥料がどれくらい使われる計画か。
  • ■2、栽培実績について、農薬と化学肥料がその計画に沿って使用されたか。

こうして生産者とイオンの両方のチェックを通ったものだけが、お店に並んでいます。

生産者情報を見てみよう!

確認できること 農薬や肥料の計画 生産者の情報 商品の情報

パソコンの場合 アクセスコードを入力して検索ボタンを押してください。

アクセスコード

お買い求めいただいた商品のパッケージラベルに書かれている「生産者アクセスコード」を入力すると、商品情報・産地情報・生産工程・品質などについてご確認いただけます。

スマートフォンの場合 野菜や果物のラベルにあるQRコードからも生産者情報がわかります。