声をかたちに - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)

声をかたちに

お客さまの声と商品カルテで、品質向上。

声をかたちに、それがトップバリュの商品づくり。
「スパゲッティの量をはかるのが面倒」という声から生まれた、小分け包装の新スパゲッティ。
「ティッシュの箱は無くていい」という声から生まれた、袋包装ティッシュなど。
商品の「発売前」から「発売後」まで、トップバリュはお客さまの声を商品カルテにして、商品品質を向上させる取り組みに生かしています。

〈発売前〉 新製品 リニューアル製品
お客さま(消費者)調査:試用後の味、機能、価格、容量等を消費者に評価していただきます。|あ、わたしの声がはいってる。|課題改善:調査の結果に基づいて改善を行います。
品質向上の取り組み
お客さまにより良い商品を提供するために「発売前」だけでなく「発売後」にもお客さまの声を聞いています。|調査で高く評価されたものを発売|お客さま(消費者)調査:試用後の味、価格、パッケージデザイン、容器の大きさや使い勝手などを消費者に評価していただきます。|〈発売後〉
発売済みの商品
↑

2種類の消費者調査を実施して、商品カルテを作成!

  • モニターテスト
    外部の調査会場で実施するテスト

    テスト品と比較品を試食し、味や香りなどを評価いただきます。(調査会社が主体となって実施)

    見た目・味・風味・食感・甘み/塩味など
  • ホームユーステスト
    消費者のご家庭でお使いいただくテスト

    一定期間、ご家庭内で使用や試食後に、使用感や試食の感想などの評価を行います。(調査会社が主体となって実施)

    見た目・味・風味・食感・甘み/塩味・価格・容量・容器/使い勝手・パッケージなど

銀毫(ぎんごう)入りジャスミン茶 の場合

旧製品/リニューアル製品

商品カルテでは、消費者から高い評価を得ていた旧「ジャスミン茶」。さらに商品価値を高めるために「銀ごう」茶葉を配合し、いっそう香りの良い商品に仕上げました。そしてその味や香り、品質の高さがきちんと伝わるように、商品名や高級感あるデザインに改善しました。