まっすぐ、きれいに育てました。イオンのナチュラルポーク。 |トップバリュ グリーンアイナチュラル - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)

まっすぐ、きれいに育てました。イオンのナチュラルポーク。 |トップバリュ グリーンアイナチュラル

  • 遺伝子組換え飼料・抗生物質・合成抗菌剤を使わずに育てました遺伝子組換え飼料・抗生物質・合成抗菌剤を使わずに育てました
  • まっすぐ、きれいに育てました。まっすぐ、きれいに育てました。

安全・安心を突き詰めた国産豚肉。それがナチュラルポーク。 安全・安心を突き詰めた国産豚肉。それがナチュラルポーク。

ナチュラルポークは、豚では極めて難しいとされていた、抗生物質・合成抗菌剤不使用に加え、さらに遺伝子組換え飼料、成長ホルモン剤※も不使用。安全・安心を突き詰めた国産豚肉を、みなさまにお届けします。 ナチュラルポークは、豚では極めて難しいとされていた、抗生物質・合成抗菌剤不使用に加え、さらに遺伝子組換え飼料、成長ホルモン剤※も不使用。安全・安心を突き詰めた国産豚肉を、みなさまにお届けします。 ※成長ホルモン剤は日本での使用は認められておりません。

3つの不使用 3つの不使用

  • 抗生物質不使用 抗生物質不使用
  • 合成抗菌剤不使用 合成抗菌剤不使用
  • 遺伝子組換え飼料不使用 遺伝子組換え飼料不使用

※病気予防のためにワクチンは投与しています。
ワクチンは、家畜伝染病予防法に基づいて一般的に投与されています。

※トップバリュ グリーンアイナチュラルのナチュラルポークは、
新潟県から各地区に供給しております。
本WEBサイトでは、新潟県の牧場を紹介しております。

自然に囲まれた環境で育つナチュラルポーク 自然に囲まれた環境で育つナチュラルポーク

新潟県の最北部にあたる村上市。
その市街に、ナチュラルポークの牧場、雪国牧場がある。

四方を豊かな自然に囲まれた環境で、安全・安心にこだ
わったナチュラルポークが育てられている。

おいしさ実現のために おいしさ実現のために

安全でおいしい豚肉をお届けするためには“家畜を大切に育てる”という動物福祉の考えが必要不可欠となる。雪国牧場では、こだわりの飼料を与え、豚や豚舎、飼育員の衛生管理を徹底するなど、ストレス、怪我等を極力減らし、豚が健康でいられる環境を作っている。 安全でおいしい豚肉をお届けするためには“家畜を大切に育てる”という動物福祉の考えが必要不可欠となる。雪国牧場では、こだわりの飼料を与え、豚や豚舎、飼育員の衛生管理を徹底するなど、ストレス、怪我等を極力減らし、豚が健康でいられる環境を作っている。

安全でおいしい豚肉をお届けするためには“家畜を大切に育てる”という動物福祉の考えが必要不可欠となる。
雪国牧場では、こだわりの飼料を与え、豚や豚舎、飼育員の衛生管理を徹底するなど、ストレス、怪我等を極力減らし、豚が健康でいられる環境を作っている。

日々の衛生管理の徹底 日々の衛生管理の徹底
健康を支える環境作り 健康を支える環境作り
こだわりの飼料の給与 こだわりの飼料の給与

安全・安心とおいしさへのこだわり 安全・安心とおいしさへのこだわり

一口に「安全・安心」といってもレベルはいろいろある。ことナチュラルポークに関していうと、「徹底してこだわる」といえるだろう。

まずエサにこだわる。豚の体を作るのはほかでもないエサだ。一般的に主なエサであるとうもろこしや大豆は輸入に頼っているが、そのほとんどが遺伝子組換え作物(GMO)といわれる。世界的にGMOの作付面積は増加の一途をたどり、GMOでない飼料の入手は年々難しくなり、正直コストも高い。しかし、たとえ見えないところであっても、手間とコストをかけて安全・安心にこだわる。それがナチュラルポークの基本スタンスだ。

一口に「安全・安心」といってもレベルはいろいろある。ことナチュラルポークに関していうと、「徹底してこだわる」といえるだろう。まずエサにこだわる。豚の体を作るのはほかでもないエサだ。一般的に主なエサであるとうもろこしや大豆は輸入に頼っているが、そのほとんどが遺伝子組換え作物(GMO)といわれる。 世界的にGMOの作付面積は増加の一途をたどり、GMOでない飼料の入手は年々難しくなり、正直コストも高い。しかし、たとえ見えないところであっても、手間とコストをかけて安全・安心にこだわる。 それがナチュラルポークの基本スタンスだ。 一口に「安全・安心」といってもレベルはいろいろある。ことナチュラルポークに関していうと、「徹底してこだわる」といえるだろう。まずエサにこだわる。豚の体を作るのはほかでもないエサだ。一般的に主なエサであるとうもろこしや大豆は輸入に頼っているが、そのほとんどが遺伝子組換え作物(GMO)といわれる。 世界的にGMOの作付面積は増加の一途をたどり、GMOでない飼料の入手は年々難しくなり、正直コストも高い。しかし、たとえ見えないところであっても、手間とコストをかけて安全・安心にこだわる。 それがナチュラルポークの基本スタンスだ。

  • 一口に「安全・安心」といってもレベルはいろいろある。ことナチュラルポークに関していうと、「徹底してこだわる」といえるだろう。まずエサにこだわる。豚の体を作るのはほかでもないエサだ。一般的に主なエサであるとうもろこしや大豆は輸入に頼っているが、そのほとんどが遺伝子組換え作物(GMO)といわれる。 世界的にGMOの作付面積は増加の一途をたどり、GMOでない飼料の入手は年々難しくなり、正直コストも高い。しかし、たとえ見えないところであっても、手間とコストをかけて安全・安心にこだわる。 それがナチュラルポークの基本スタンスだ。 一口に「安全・安心」といってもレベルはいろいろある。ことナチュラルポークに関していうと、「徹底してこだわる」といえるだろう。まずエサにこだわる。豚の体を作るのはほかでもないエサだ。一般的に主なエサであるとうもろこしや大豆は輸入に頼っているが、そのほとんどが遺伝子組換え作物(GMO)といわれる。 世界的にGMOの作付面積は増加の一途をたどり、GMOでない飼料の入手は年々難しくなり、正直コストも高い。しかし、たとえ見えないところであっても、手間とコストをかけて安全・安心にこだわる。 それがナチュラルポークの基本スタンスだ。
  • 一口に「安全・安心」といってもレベルはいろいろある。ことナチュラルポークに関していうと、「徹底してこだわる」といえるだろう。まずエサにこだわる。豚の体を作るのはほかでもないエサだ。一般的に主なエサであるとうもろこしや大豆は輸入に頼っているが、そのほとんどが遺伝子組換え作物(GMO)といわれる。 世界的にGMOの作付面積は増加の一途をたどり、GMOでない飼料の入手は年々難しくなり、正直コストも高い。しかし、たとえ見えないところであっても、手間とコストをかけて安全・安心にこだわる。 それがナチュラルポークの基本スタンスだ。 一口に「安全・安心」といってもレベルはいろいろある。ことナチュラルポークに関していうと、「徹底してこだわる」といえるだろう。まずエサにこだわる。豚の体を作るのはほかでもないエサだ。一般的に主なエサであるとうもろこしや大豆は輸入に頼っているが、そのほとんどが遺伝子組換え作物(GMO)といわれる。 世界的にGMOの作付面積は増加の一途をたどり、GMOでない飼料の入手は年々難しくなり、正直コストも高い。しかし、たとえ見えないところであっても、手間とコストをかけて安全・安心にこだわる。 それがナチュラルポークの基本スタンスだ。
  • 一口に「安全・安心」といってもレベルはいろいろある。ことナチュラルポークに関していうと、「徹底してこだわる」といえるだろう。まずエサにこだわる。豚の体を作るのはほかでもないエサだ。一般的に主なエサであるとうもろこしや大豆は輸入に頼っているが、そのほとんどが遺伝子組換え作物(GMO)といわれる。 世界的にGMOの作付面積は増加の一途をたどり、GMOでない飼料の入手は年々難しくなり、正直コストも高い。しかし、たとえ見えないところであっても、手間とコストをかけて安全・安心にこだわる。 それがナチュラルポークの基本スタンスだ。 一口に「安全・安心」といってもレベルはいろいろある。ことナチュラルポークに関していうと、「徹底してこだわる」といえるだろう。まずエサにこだわる。豚の体を作るのはほかでもないエサだ。一般的に主なエサであるとうもろこしや大豆は輸入に頼っているが、そのほとんどが遺伝子組換え作物(GMO)といわれる。 世界的にGMOの作付面積は増加の一途をたどり、GMOでない飼料の入手は年々難しくなり、正直コストも高い。しかし、たとえ見えないところであっても、手間とコストをかけて安全・安心にこだわる。 それがナチュラルポークの基本スタンスだ。

もちろん味にもこだわる。生後約60日の子豚期からは、とうもろこしなどに国産飼料用米(玄米)を配合した飼料を給餌。お米を配合した飼料で育った豚肉の脂は、甘みと旨みが増すとされており、なめらかな食感とクセのない香りが特長のおいしい豚肉ができるのだ。

もちろん味にもこだわる。生後約60日の子豚期からは、とうもろこしなどに国産飼料用米(玄米)を配合した飼料を給餌。お米を配合した飼料で育った豚肉の脂は、甘みと旨みが増すとされており、なめらかな食感とクセのない香りが特長のおいしい豚肉ができるのだ。

もちろん味にもこだわる。生後約60日の子豚期からは、とうもろこしなどに国産飼料用米(玄米)を配合した飼料を給餌。お米を配合した飼料で育った豚肉の脂は、甘みと旨みが増すとされており、なめらかな食感とクセのない香りが特長のおいしい豚肉ができるのだ。

子豚期 飼料用米(玄米) 15%  肥育期 飼料用米(玄米) 25% 子豚期 飼料用米(玄米) 15%  肥育期 飼料用米(玄米) 25%

主な飼料用原料と産地
子豚期(生後60日前後〜120日前後)
主な飼料用原料
とうもろこし(アメリカ産)
飼料用玄米(国産、主に東北産)
マイロ(アルゼンチン、アメリカ、豪州産)
大豆油かす(アメリカ産)
大麦(豪州、カナダ産)
肥育期(生後120日前後〜180日前後)
主な飼料用原料
飼料用玄米(国産、主に東北産)
とうもろこし(アメリカ産)
マイロ(アルゼンチン、アメリカ、豪州産)
大豆油かす(アメリカ産)
大麦(豪州、カナダ産)

「不使用」の高いハードルを越えて 「不使用」の高いハードルを越えて

育て方にもこだわる。ナチュラルポークは生まれてから出荷されるまで、抗生物質*1と合成抗菌剤を使わず、豚本来の免疫力で自然に育てている。文字にするのは簡単だが、これがかなり難しい。その証拠に、それらを使わずに育てた豚肉の流通量は限りなくわずかで、高度な飼育技術などが求められるため極めて難しいとされている。これが「徹底したこだわり」のゆえんだ。

*1 病気予防のためにワクチンは投与しています。
  ワクチンは、家畜伝染病予防法に基づいて一般的に投与されています。

育て方にもこだわる。ナチュラルポークは生まれてから出荷されるまで、抗生物質*1と合成抗菌剤を使わず、豚本来の免疫力で自然に育てている。文字にするのは簡単だが、これがかなり難しい。その証拠に、それらを使わずに育てた豚肉の流通量は限りなくわずかで、高度な飼育技術などが求められるため極めて難しいとされている。これが「徹底したこだわり」のゆえんだ。 育て方にもこだわる。ナチュラルポークは生まれてから出荷されるまで、抗生物質*1と合成抗菌剤を使わず、豚本来の免疫力で自然に育てている。文字にするのは簡単だが、これがかなり難しい。その証拠に、それらを使わずに育てた豚肉の流通量は限りなくわずかで、高度な飼育技術などが求められるため極めて難しいとされている。これが「徹底したこだわり」のゆえんだ。

read more read more

豚舎の様子を360°動画で見る 豚舎の様子を360°動画で見る

獣医師が常駐し、きめ細かく対応 獣医師が常駐し、きめ細かく対応

抗生物質や合成抗菌剤を使わないということは、疾病にかからない環境整備も重要だ。そのためには何をおいても病原菌などの侵入予防(防疫)が最重要課題になる。雪国牧場では獣医師が常駐し、日々の豚の健康管理のほかに、外部からの病原菌などの侵入をどう防ぐか、常に検討・対策を行っている。

そうした防疫体制の整備に加え、日々の健康管理でわずかな変化も見逃さないよう、飼育員は一頭一頭の様子に細心の注意を払い、何か異変があればすぐに獣医師に相談できる。そんな環境が雪国牧場では整っている。

抗生物質や合成抗菌剤を使わないということは、疾病にかからない環境整備も重要だ。そのためには何をおいても病原菌などの侵入予防(防疫)が最重要課題になる。雪国牧場では獣医師が常駐し、日々の豚の健康管理のほかに、外部からの病原菌などの侵入をどう防ぐか、常に検討・対策を行っている。そうした防疫体制の整備に加え、日々の健康管理でわずかな変化も見逃さないよう、飼育員は一頭一頭の様子に細心の注意を払い、何か異変があればすぐに獣医師に相談できる。そんな環境が雪国牧場では整っている。 抗生物質や合成抗菌剤を使わないということは、疾病にかからない環境整備も重要だ。そのためには何をおいても病原菌などの侵入予防(防疫)が最重要課題になる。雪国牧場では獣医師が常駐し、日々の豚の健康管理のほかに、外部からの病原菌などの侵入をどう防ぐか、常に検討・対策を行っている。そうした防疫体制の整備に加え、日々の健康管理でわずかな変化も見逃さないよう、飼育員は一頭一頭の様子に細心の注意を払い、何か異変があればすぐに獣医師に相談できる。そんな環境が雪国牧場では整っている。

「何かが起こる前に予防する、というのを常に考えています。健康管理よりも実はそっちの方がウェートが大きいです。」獣医師 佐藤 志野さん 「何かが起こる前に予防する、というのを常に考えています。健康管理よりも実はそっちの方がウェートが大きいです。」獣医師 佐藤 志野さん

interview 特別なことではなく、「当たり前」を「徹底する」。 interview 特別なことではなく、「当たり前」を「徹底する」。

ナチュラルポークだから一般豚と違う特殊な育て方をするかというと、実はそうではありません。ただ、豚や豚舎、飼育員の衛生管理をし、豚が健康でいられる環境を作ること。当たり前のことですが、これを徹底するのが意外と大変なんです。

雪国牧場 牧場長 佐藤 浩一さん

商品ラインアップ 商品ラインアップ

  • ナチュラルポーク 小間切れ ナチュラルポーク 小間切れ
  • ナチュラルポーク 切り落とし ナチュラルポーク 切り落とし
  • ナチュラルポーク 超薄切り ナチュラルポーク 超薄切り

取り扱い店舗:イオングループ各店※店舗により取り扱いのない場合、売り切れの場合がございます。商品の取り扱いは、各店舗でご確認ください。