食べ飽きない赤身の「旨み」と「やわらかさ」。タスマニアビーフ。|トップバリュ グリーンアイナチュラル - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)

食べ飽きない赤身の「旨み」と「やわらかさ」。タスマニアビーフ。|トップバリュ グリーンアイナチュラル

トップバリュ グリーンアイナチュラル

タスマニアビーフ(TASMANIA BEEF) AUG74

食卓に、ちょっとだけ贅沢なひと時を。タスマニアビーフ。

タスマニアビーフとは About tasmania-beef

自然のなかで、自然の穀物で、自然に育てた牛。それがタスマニアビーフ。「日本人好みの肉」を1974年から追求してきたイオンがおいしさと安全にこだわって育てています。

安心の“不使用” 成長ホルモン剤・抗生物質・遺伝子組換え飼料・肉骨粉

安心の証明

  • [タスマニア州政府証明書]

    成長ホルモン剤・抗生物質および肉骨粉・遺伝子組換え飼料を使わずに飼育した証明です。

  • [SQF認証]

    飼育方法を第三者機関が監査し、安全を確認しています。 ※SQFとは、食品の安全と品質を確保するための国際的なマネジメントシステムです。

  • オーストラリアの南海岸沖にある離島、タスマニア。そこは「世界一きれいな空気と水を有する」と言われている。
  • 空気がきれいなタスマニアは、雨水さえ飲めるといわれるほど水がきれい。
  • イオンがタスマニアビーフの飼育を始めたのは1974年。以来、その豊かな自然の中で、おいしさと安全にこだわった飼育を続けている。
  • イオンの「タスマニアビーフ」とは、赤身の肉質に優れるブラックアンガス種の血統を受け継ぐ牛。日本人好みのやわらかくジューシーな旨みが特長。
  • 牛肉の良し悪しは素牛(もとうし)で決まるとさえいわれるほど。タスマニアビーフは島内の契約牧場から素牛を調達している。
  • 肉牛を育てるにはたくさんのエサが必要になる。米国産牛肉と違い、その中心は牧草飼料だ。
  • 肉質向上のための穀物飼料は、遺伝子組換え作物は使わず自然に近いエサで育てている。
  • また、早く大きくなる成長ホルモン剤や、病気の予防や治療目的での抗生物質も使用していない。自然のなかで、自然に育てる。それがタスマニアビーフのこだわり。
  • タスマニアビーフはイオンの直営牧場で育てられている。
  • 牧場には日本人スタッフが常駐し、国際規格に沿って安全と品質の管理を実施。直営ならではの信頼性のある飼育を行っている。
  • ストレスの少ない環境でゆっくり育てることも、肉質を向上させる秘密。
  • 肥育がはじまる1ヵ月前から専用牧場で牛の体調を整え、肥育後期の約1ヵ月間は屋根付きの畜舎で肥育している。

赤身肉のおいしさ Taste of lean meat

  1. POINT1 肉本来の味わい

    脂肪が少なくてさっぱりとした味わいが楽しめる赤身肉。サシが入った霜降り肉とはまた違ったおいしさ。

  2. POINT2 充実の食べごたえ

    しっかりとした肉質で口に入れたときの弾力があるので、ステーキなどの料理におすすめ。 ※部位により異なります。

  3. POINT3 ヘルシー食材

    低カロリー・高たんぱくであるほか、多く含まれる鉄分の「ヘム鉄」は、野菜類の「非ヘム鉄」に比べ吸収されやすい。

  • 純輝鶏
  • ナチュラルポーク

※写真はすべてイメージです。