食べ飽きない赤身の「旨み」と「やわらかさ」。タスマニアビーフ。|トップバリュ グリーンアイナチュラル - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)

食べ飽きない赤身の「旨み」と「やわらかさ」。タスマニアビーフ。|トップバリュ グリーンアイナチュラル

  • TOPVALUグリーンアイNatural TASMANIA BEEF AUG 74 広大な大自然で丁寧に大切に育てる。 TOPVALUグリーンアイNatural TASMANIA BEEF AUG 74 広大な大自然で丁寧に大切に育てる。
  • TOPVALUグリーンアイNatural変わらない想いが本当のおいしさを生む。 TOPVALUグリーンアイNatural変わらない想いが本当のおいしさを生む。
  • TOPVALUグリーンアイNatural タスマニアビーフ Tasmania Beef TOPVALUグリーンアイNatural タスマニアビーフ Tasmania Beef

おいしく食べて笑顔になっていただきたい。タスマニアビーフの始まりはこの想いからでした。時代が変わっても、この想いは決して変わりません。やわらかな肉質。ジューシーな旨み。安全・安心。今日も食卓に笑顔をお届けします。

AUSTRALIA TASMANIA 苦労の末たどり着く、遠い海の向こう。History1974年、“タスマニアビーフ”の始まり恵まれた環境を探し、やっと見つけたのはオーストラリア、タスマニア島。きれいな水。広大な大自然。そこはまさに牛を育てるうえで理想の土地でした。“安全・安心でおいしいお肉”をお届けしたい強い想いを内に秘め、この地で試行錯誤が始まりました。ついに出会った“理想の牛”タスマニア島の大自然のなかで育てているのはブラック・アンガス種の血統牛。それは、赤身ながらやわらかな肉質とジューシーな旨みを併せ持つ、まさに日本人好みの牛でした。

『安全・安心』へのこだわり。Safe and secure皆さまの食卓へお届けするものだから、『安全・安心』には徹底的にこだわりました。タスマニアビーフは成長ホルモン剤、抗生物質、遺伝子組換え飼料、肉骨粉を使用せず育てています。州知事のお墨付きタスマニア州政府より発行された成長ホルモン剤、抗生物質、遺伝子組換え飼料、肉骨粉を使わずに肥育した証明です。[タスマニア州政府証明書]4つの不使用成長ホルモン剤抗生物質遺伝子組換え飼料肉骨粉※病気予防のためにワクチンは投与しています。ワクチンは、家畜伝染病予防のため、一般的に投与されています。

おいしさ実現のために。Realization of deliciousness“どれだけ大切に育てられるか”が全て安全でおいしい牛肉をお届けするためには『家畜を大切に育てる』という動物福祉の考えは必要不可欠でした。農場では牛へのストレス、怪我等を極力減らすための取り組みを実践しています。もちろん肥育にもこだわります肥育がはじまる1ヵ月前から専用の牧場で体調を整え約2,500ha(東京ドーム500個分)の広大な土地でゆったり肥育。肥育後期の約1ヵ月間は海外ではめずらしい屋根付きの畜舎で肥育しています。観察、記録の徹底良質な飼料や水の給与健康を支える環境作り肥育開始1ヵ月前~専用牧場で体調を整える。肥育東京ドーム500個分の広大な土地でのびのびと肥育。肥育後期約1ヵ月間ストレスを与えないよう屋根付き畜舎で肥育。

『第三者の目』でより確実に。Third party eyes “SQF認証”厳しい自社基準のもと育てているタスマニアビーフ。しかし自社基準だけの自己満足にならないよう、タスマニアビーフは国際認証規格であるSQF認証を農場、加工場にて取得。第三者による定期的な監査によってお客さまへ安全でおいしい商品の提供を続けています。このマークが目印です CERTIFIED BY SQF QUALITY SUPPLIER SQF Safe Quality Food【 セーフ クオリティ フード 】[食品の安全と品質の国際認証]1994年にオーストラリアで策定されたSQFは、食品の安全と品質を確保することを目的とした国際認証規格です。第三者機関による審査、認証、監査が義務付けられ、その信頼性が担保されています。農場・加工場にて取得イオン直営牧場(オーストラリア)加工場(日本)

『想い』よ、未来へ届け。Deliver to the future安心して暮らせる“食の未来”のために敷地内にあるサイロ※や屋根付き畜舎を自社で管理し、規格外となったポテトなどを利用した飼料を製造しています。また、糞尿で堆肥を作り、周辺の農園に販売するなど、持続可能な生産を可能にしています。※家畜の飼料を貯蔵する倉庫・容器。飼料の約4割に市場に出せない規格外のポテトを使用。糞尿で作った堆肥を周辺の農園に販売。

  • オーストラリアの南海岸沖にある離島、タスマニア。そこは"世界一きれいな空気"と、"雨水さえ飲めるほどきれいな水"を有するといわれています。オーストラリアの南海岸沖にある離島、タスマニア。そこは"世界一きれいな空気"と、"雨水さえ飲めるほどきれいな水"を有するといわれています。
  • イオンがタスマニアビーフの肥育を始めたのは1974年。以来、その豊かな自然の中で、おいしさと安全にこだわった肥育を続けています。イオンがタスマニアビーフの肥育を始めたのは1974年。以来、その豊かな自然の中で、おいしさと安全にこだわった肥育を続けています。
  • イオンの「タスマニアビーフ」とは、赤身の肉質に優れるブラックアンガス種の血統を受け継ぐ牛。日本人好みのやわらかくジューシーな旨みが特長です。イオンの「タスマニアビーフ」とは、赤身の肉質に優れるブラックアンガス種の血統を受け継ぐ牛。日本人好みのやわらかくジューシーな旨みが特長です。
  • タスマニアビーフは日本人スタッフが常駐するイオンの直営牧場で育てられています。タスマニアビーフは日本人スタッフが常駐するイオンの直営牧場で育てられています。
  • 肥育がはじまる1ヵ月前から専用牧場で牛の体調を整え、肥育後期の約1ヵ月間は屋根付きの畜舎で肥育しています。肥育がはじまる1ヵ月前から専用牧場で牛の体調を整え、肥育後期の約1ヵ月間は屋根付きの畜舎で肥育しています。
  • 食品の安全と品質の国際認証規格である「SQF」を導入し、第三者機関による厳正なチェックを受けています。SQF Safe Quality Food【 セーフ クオリティ フード 】食品の安全と品質の国際認証食品の安全と品質の国際認証規格である「SQF」を導入し、第三者機関による厳正なチェックを受けています。SQF Safe Quality Food【 セーフ クオリティ フード 】 食品の安全と品質の国際認証
  • 飼料には成長ホルモン剤、抗生物質、遺伝子組換え作物、肉骨粉を一切不使用。※病気予防のためにワクチンは投与しています。ワクチンは、家畜伝染病予防のため、一般的に投与されています。飼料には成長ホルモン剤、抗生物質、遺伝子組換え作物、肉骨粉を一切不使用。※病気予防のためにワクチンは投与しています。ワクチンは、家畜伝染病予防のため、一般的に投与されています。
  • 敷地内にあるサイロ※や屋根付き畜舎を自社で管理し、規格外となったポテトなどを利用した飼料の製造を可能にしています。※家畜の飼料を貯蔵する倉庫・容器。敷地内にあるサイロ※や屋根付き畜舎を自社で管理し、規格外となったポテトなどを利用した飼料の製造を可能にしています。※家畜の飼料を貯蔵する倉庫・容器。
  • 飼料の約4割に市場に出せない規格外のポテトを使用。また、糞尿で堆肥を作り、周辺の農園に販売するなど、持続可能な生産を可能にしています。飼料の約4割に市場に出せない規格外のポテトを使用。また、糞尿で堆肥を作り、周辺の農園に販売するなど、持続可能な生産を可能にしています。

MOVIE

タスマニアビーフテレビCM①
タスマニアビーフテレビCM②

鮮度長持ち!真空スキンパック包装※一部取り扱いのない店舗がございます。真空スキンパック包装とは、特殊なフィルム※を使い、食品の形に合わせて真空状態にする包装技術のことです。食品を空気に触れさせないことで、お肉の酸化を防ぎ、消費期限が延長されます。消費期限が延長されることで食品ロスの軽減にも繋がります。※真空スキンパック包装には、米国ダウ社のアイオノマー技術(日本においては、合弁事業である三井・ダウ ポリケミカル株式会社がダウよりライセンスを受け、「ハイミラン®」の商標で製造および販売)が使われています。食品の形に合わせて真空密着包装※スキンパック包装は一部の商品に限ります。酸化を防いで鮮度長持ち!消費期限延長で食品ロスも軽減!二酸化炭素排出量削減!真空スキンパック包装動画

真空スキンパック包装動画

赤身肉のおいしさ Taste of lean meat

  1. POINT1 肉本来の味わい

    脂肪が少なくてさっぱりとした味わいが楽しめる赤身肉。サシが入った霜降り肉とはまた違ったおいしさ。

  2. POINT2 充実の食べごたえ

    しっかりとした肉質で口に入れたときの弾力があるので、ステーキなどの料理におすすめ。※部位により異なります。

  3. POINT3 ヘルシー食材

    低カロリー・高たんぱくであるほか、多く含まれる鉄分の「ヘム鉄」は、野菜類の「非ヘム鉄」に比べ吸収されやすい。

  • 純輝鶏
  • ナチュラルポーク

※写真はすべてイメージです。